札幌にあの珈琲がやってきた?狸COMICHIに函館珈琲店がついにオープン

函館十字屋珈琲店が狸COMACHIにオープン

毎度さまっ!札幌と言えば、狸小路が有名なアーケード街なわけだけど、

実はその狸小路の中に「狸COMICHI」なる横丁がオープンしたのをみんなは知っているかな?

狸小路と言えば、ご存じ「食べて遊んで買い物」できる観光スポットの一つだよね。

そこに今回できたのが、狸COMICHIなる横丁なんだけど、みんなも知ってのとおり、最近世間は珈琲ブームで新しい珈琲店がどんどんできてるよね?

実は、この狸COMICHIにも函館にある超老舗珈琲店が進出してきたんだ!

めちゃくちゃ歴史ある珈琲店であると同時に、狸COMICHIにオープンしたということもあって、なんと!アルコールまで提供しちゃうという珈琲店なんだ。

ということで、今回は「狸COMICHIにできた函館のフードとお酒が楽しめる函館出身の老舗珈琲店」について紹介して行こう。

ゆっくり見て行ってね☆

 

  • 狸小路で珈琲店を探している人
  • 狸小路にできた狸COMICHIで珈琲が飲みたい人
  • 横丁狸COMICHIで函館のフードやアルコールを楽しみたい人

札幌であの珈琲が?横丁に佇むクラシックなお店を紹介

札幌狸COMICHIにできた「十字屋珈琲店」をご紹介

札幌狸小路にオープンした北海道の食文化を発信する「狸COMICHI」という名の横丁がある。

2022年8月にオープンしたこの横丁には、たくさんの料理屋や居酒屋が並び、古きよき時代を思わせる雰囲気を感じさせてくれるんだ。

お邪魔したときはまだお昼にもかかわらずたくさんのお客さんで賑わっていたね。

それぞれ楽しく、バーでお酒を飲む人、ご飯を食べながらビールを流し込む人、ワイワイできるのもまた、横丁の魅力だよね。

お酒はもちろん、おしゃれなディナーも楽しめるから、現代的な雰囲気の横丁として多くの人々が集うのがこの狸COMICHIと呼ばれる横丁の魅力。

そんな狸COMICHI横丁なんだけど、大衆酒場のような賑やかな雰囲気の中にも、少しホッと一息つける場所を発見したよ。

それが老舗珈琲店「十字屋珈琲店」だ。

この珈琲店は函館がルーツなんだけど、まさか函館で親しまれたあの珈琲が札幌で楽しめるなんて・・

てわけで、狸COMICHI横丁に佇むクラシカルな珈琲店、十字屋珈琲店に行ってみました。

札幌狸COMICHI「十字屋珈琲店」で珈琲を楽しもう

函館出身の喫茶店「十字屋珈琲店」をご紹介

今回お邪魔したのは札幌狸COMICHIにできた「十字屋珈琲店 札幌狸COMICHI店」という珈琲店。

シンプルな看板だけど、そのデザインからいかにも老舗っぽさを感じるよね。

店内に入ると、座席は2人用のテーブルが4つとカウンターが6席とコンパクトだね。

十字屋珈琲店は、元々函館の珈琲店なんだけど、珈琲店が好評だったこともあり札幌へ進出してきた。

内装やインテリアの雰囲気は、函館本店とそっくり。

ダークブラウン主体のテーブルやチェアが、老舗感を演出しているゾ。

函館本店の営業時間が朝主体なのに対して、こちらのお店は日中〜夜が中心のサービス提供!

横丁酒場の珈琲店らしく、遅くまで営業していているので、飲食後のお口直しもできそうじゃん。

わいわいと賑やかな中で、楽しくも落ち着ける雰囲気を醸し出す函館の老舗珈琲店。

女子会にもピッタリ!横丁で飲みながら少し込み入った話をするときなんかにいいよね。

昭和初期から珈琲を提供し続ける老舗店

昭和初期から珈琲を提供し続ける老舗

お店の看板に書いてあるとおり、十字屋珈琲店は昭和7年に創業開始した老舗店なんだ。

当時に函館で創業し、約90年に渡りサービスを提供し続けているのです(ヤバい歴史ある)。

このお店を経営している会社というのが、元々食料品販売の会社で、函館市内で初めて自家焙煎の珈琲豆を販売したという実績もあるから、すごいなーって思ったよ。

いまも、もちろん珈琲豆のほか多くの食料品を卸売や販売をしている会社ということで地域の食文化発展にもしっかり貢献しているんだ。

さて、創業してから珈琲店が本格化したのは2016年のことらしい。

他県の朝市にヒントを得て、函館朝市に珈琲店を開いたんだってさ。

以来、珈琲を通して日本や世界の観光客と交流を深めながら、来店するカップルたちの思い出作りのお手伝いをしてきたんだよね(想い出のあるカップルもきっと多いはず)。

そして、十字屋珈琲店が自家焙煎で作る珈琲は、豆の品質からこだわり、多くの人を魅了してきたゾ!

十字屋珈琲店は品質だけでなく、お客さんへのおもてなしにも力を入れており、「十字屋クオリティ」を長く提供し続けている老舗の珈琲店だよ。

そんな地域に愛されたお店がついに札幌に進出というわけだ!

函館朝市のように、多くのお客さんで賑わう狸小路の狸COMICHI~

賑わいが絶えないこの場所に、十字屋珈琲店は新たな憩いの場を作り上げたんだね。

コンパクトなカウンターはまるでバーのよう

コンパクトなカウンターはまるでバーのよう

十字屋珈琲店のカウンター席は、写真のようにすごくコンパクトな作りだよ。

なんだか、親しみやすさを感じちゃうわ。

カウンター席からは、店員さんの作業姿が見られて、どこか昔懐かしい雰囲気があるんだよね。

店内では、函館の紹介VTRが流れており、ルーツを大切にしていることがよくわかった。

棚の展示品も函館にゆかりのある物が飾られていて、地元愛を感じるインテリアだなと感心。

そして驚きなのが、カウンターの上に置いてあるお酒のボトル。

なんと、珈琲店なのにお酒も楽しめるんだね!

経営会社は食料品販売の会社ということだったけど、お酒も取り扱っているよ。

つまりは、たくさん食べて飲んだ後に珈琲のみならず、お酒も少し飲み直すことができるのは嬉しい。

狸OCMICHIにある十字屋珈琲店ではお酒も楽しめる

カウンター越しから覗くと、壁に付いている棚にもボトルや瓶が・・・。

カウンターの雰囲気と相まって、なんだかバーにいるような心地になってきた。

きっと、狸COMICHI横丁には、お酒が飲めるお店がたくさんあるから、カップルのためにも提供してくれてるんだね。

ということで、実際に座ると、ぶっちゃけてこの珈琲店はとても落ち着く。

お店の一歩外は、とても賑やかな声が聞こえて来るけど、店内にいると不思議と静かで落ち着いた気持ちになった。

憩いの場らしく楽しい雰囲気もあって、狸COMICHI横丁の中でもオリジナリティのある空間になっているよ。

十字屋珈琲店こだわりの珈琲

十字屋珈琲店こだわりの珈琲

さてさて、それでは早速十字屋珈琲店のこだわりの珈琲を頼んでみました。

見た目はすっきり感があり、少し暑い日にはピッタリ。

氷も綺麗な立方体で、冷たさをしっかりと保ってくれている感じ。

冷えた珈琲を早速口に運ぶと、ものすごくマイルドで喉越しが良い~。苦味や酸味も抑えめでクセがなくて飲みやすい珈琲だよ。

熱狂する空間の中(狸COMICHI横丁)で得られる癒しに浸りながら珈琲をひたすらに飲む・・・。

サラッとした口当たりなので飽きが来ず、どんどんと飲み進めていってしまうゾ。

横丁という賑やかな空間にいながら、自分だけの世界に浸っていくような気持ちになれる。

そして、何故かここだけ時間の流れがゆっくりになっているような、錯覚すら覚えるほど心地のよい空間を感じさせてくれた。

結果、十字屋珈琲店ではしっかりと珈琲を楽しむことができた。

ちなみに、今回頼んだ珈琲はMサイズのものでプライスは500円という設定。

どこまでもすっきりとした味わいと、苦味の少ない飲みやすさは格別だったね。

クッキーやアイスクリームを合わせるのもよさそう。

十字屋珈琲店のメニュー

十字屋珈琲店のメニュー

十字屋珈琲店の珈琲メニューはシンプルなブレンド・アイス・カフェオレのラインナップのみ

限定されたメニューからこだわりの珈琲を心ゆくまで楽しんでほしいというお店の想いを感じちゃうよね。

そしてカップル期待のアルコールメニューもあるゾ!!

何より函館のフードが楽しめるというのが特別感を与えてくれたよね!!

ビール・日本酒・ワインは函館や近隣の町村のものを提供していて、札幌にいながら道南函館の味を楽しめるのも魅力だ。

フードはいか、トラピストクッキーと函館名物が食べられるし、函館産のチーズは、お酒にも合うし、アイスクリームやコーヒーゼリーもあるところが、珈琲店らしいラインナップだと思った。

メニューの1番下にはドリップバッグと豆のラインナップも書かれていた。

本店でも販売をしているけれど、ここ狸COMICHI店でも販売をしているようだね。

十字屋珈琲店の味を家庭でも楽しめるようになっていて、お土産や思い出の品にもピッタリ。

ちなみに今回注文したのは、水出しのアイスコーヒー。

この日はまだ少し蒸し暑かったため、すっきりとした喉越しの良いアイスを注文してみた。

注文してからわずか数分で珈琲が到着した。

自家焙煎というと、出てくるまで少し時間がかかるのかなとも思いがちがったけど、待ち時間はかなり短い印象だった。

メニュー

Drinks
十字屋ブレンドコーヒー・・・L600円/M500円
十字屋アイスコーヒー(水出し)・・・L600円/M500円
カフェオレ(ホット・アイス)・・・600円
Alcoholic Drinks
トラストビール(シメイルージュ7.0%)・・・700円
サッポロエビスプレミアムブラック(小瓶)・・・700円
日本酒「五稜」(函館市)・・・グラス750円/四合瓶3,600円
日本酒「郷宝」(七飯町)・・・グラス750円/四号瓶3,600円
函館ワイン(Red or White)・・・750円
A la carte
十字屋チーズの種(函館産)・・・500円
函館のしいか(国産真いか使用)・・・500円
函館アイスクリーム・・・500円
函館アイス&コーヒーゼリー・・・500円
トラピストクッキー・・・100円
Jujiya Roast Beans
十字屋ブレンドコーヒー(ドリップバッグ6包)・・・1,000円
十字屋ブレンドコーヒー豆(200g)・・・1,400円

札幌狸COMICHIに行ったら「十字屋珈琲店」でリラックス

札幌狸COMICHIに行ったら「十字屋珈琲店」でリラックス

狸小路の新たなスポット、狸小路にできた狸COMICHI。

そして、その狸COMICHIの中にできた「函館出身の老舗珈琲店 十字屋珈琲店」でした。

地元の人も観光客も食を求めて集いそうな横丁で、わいわいとデートした後はまったりゆっくりとするのも旅行デートならおすすめだ。

なぜかって、その時間までの想い出を語ったり、明日からの計画を立てたり確認したりと、どう転ぼうが有意義に使える時間と空間を堪能することができるからだ。

そんな雰囲気の中で、十字屋珈琲店で美味しい珈琲を、時にはお酒を飲むのもイイもんだよね。

ここら辺で、今回お邪魔した十字屋珈琲について紹介しておこう。

Travel Info
十字屋珈琲店 狸COMICHI店
・住所:札幌市中央区南2条西2丁目5 狸COMICHI2F
・電話:なし
・時間:11:00~23:00(LO 22:30)
・定休:なし
・関連HP:狸COMICHI
・駐車場:子野日公園駐車場使用可

ちょこっと補足
車で行く人は最寄りの大立体駐車場などを利用しよう。ホテルが近い人は狸小路を歩きながら楽しんでって欲しい。

珈琲にはトラピストクッキー、お酒にはチーズやいかを合わせると、より十字屋珈琲店での時間を楽しむことができる。

お酒が好きなカップルや横丁の雰囲気が好きなカップルにはピッタリの珈琲店。

札幌すすきのや大通などで、飲み歩いた後や前などにも利用したいところ。

それでは、ここまでの内容を振り返ってみよう。

今回記事の内容

  1. 札幌であの珈琲が?横丁に佇むクラシックなお店を紹介
  2. 札幌狸COMICHI「十字屋珈琲店」で珈琲を楽しもう
  3. 昭和初期から珈琲を提供し続ける老舗店
  4. コンパクトなカウンターはまるでバーのよう
  5. 十字屋珈琲店こだわりの珈琲
  6. 十字屋珈琲店のメニュー
  7. 札幌狸COMICHIに行ったら「十字屋珈琲店」でリラックス

最後に、楽しくも癒される空間を作り出す十字屋珈琲店は、他のお店とは少し違った横丁の楽しみ方ができちゃう。

居酒屋デートの後やお酒を飲むのが好きなカップルにもおすすめできるお店なので、狸小路に立ち寄った際は行ってみてね。

Have Fun☆

関連記事

札幌中心部から車で約1時間ほど南へ国道230号線を走らせてみた。 札幌市郊外で見られるのは雄大な自然、ここは札幌有数の観光地”定山渓”だ! 温泉街はもちろん、森林浴や紅葉狩りの有名スポットでもある。 近年のアウトドアブーム[…]

定山渓でアウトドアな雰囲気のカフェで珈琲を飲むならターミナルコーヒーステーション

まだレビューがありません!あなたが「最初のレビュー」を投稿してください。